タグ: 怖がり

 ボディランゲージを読み取ろう その1

こんにちは。
プレイボゥのトレーニングマネージャーを務めています赤堀ですU^エ^U

前回は、犬のことをもっと知ってもらいたい!という話をいたしました。

今回は、犬のことを理解する為の第一歩として「ボディランゲージ」についてお話したいと思います。

さてみなさんは、次の写真を見て、それぞれの犬はどのように感じていると思いますか?

白い犬とパグ

どんな気持ちかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬の保育園で犬とトレーニング経験のある赤堀には次のように見えます。

左の犬は「君のにおいを嗅がせておくれよ。くんくんくん・・・もっと嗅がせておくれ―」と、やや積極的な様子。

対して右側の犬は「おおぉぉ・・・ なんかすんごい、この犬グイグイくるわーちょっとしつこいなー・・・」と、迷惑そうにしている様子。

もちろん、これ以外にも様々な見方がありますし、かなりざっくりとした解釈にはなりますが、今回は具体的にどのような仕草からそのような様子が見受けられるか説明をしていきたいと思います。

まず、左側の犬の仕草を見てみましょう。

白い犬解説

白い犬さんの解説

*前あし・体のバランス*

一番わかりやすいのは前あしですね。

リードがついている為、相手の犬に近づきたいけど近づけない状態なので後ろに引っ張られて前あしが浮いています。

これくらい相手に興味を持って、確認しにいこうとしている、ということですね。

体のバランスが前方に向かっているのが良くわかります。

 

犬は「興味がある物には近づいて」いきますので、少なくとも、左側の犬は右側にいる犬の事を「避けたい」と言う風には思っていないようですが、だからといって「友好的である」とは限らないのがポイントです。

「近づきたい」 = 「友好的」ではないわけですね。

「怖いからちょっと確認しよう」「なんだろう??」など、この時の犬の気持ちは、まだまだ複雑であることもあります。

状況を確認できて、初めて余裕が出てくる犬もいます。

散歩で会った犬に近づいていくからといって、そのまま近づけたら相手の犬とケンカになってしまう、ということもあり得ますので注意が必要です。

白い犬解説

白い犬さん解説その2

*耳*

犬の耳は、その時の感情・状況に応じて向きが変わります。

犬の耳の状態からもその犬の感情を読み取ってあげることができるわけですね。

この白い犬の耳はどうでしょう。

写真だとわかりづらいですが、相手の犬がいる方向に向いているように見えます。

これにも色々な意味合いがあります。

・耳を向けた方向に集中している

・警戒している

・やや高圧的

もう少しリラックスしている状態だと、耳は後方に寝た状態になるので、この白い犬はやや緊張している状態である可能性があることがわかります。

白い犬解説

白い犬さん解説その3

*口*

次に口。

口が開いているか閉じているかだけでも意味は大きく異なります。

口が緩やかに開いていると

・リラックス

・うれしい

・楽しい

・穏やか

・安心

などが考えられます。

同じ口が開いている状態でも、口角が緩やかに上がっているのと、口角が力んだ状態なのとではまったく意味合いが違ってきます。

口角が長いと穏やかな気持ちの証拠です。

緊張から心拍数が上がり余裕のない状態になると、ひきつった様に口角が上がることもあるので、よく観察することが必要です。

この写真の犬は、口が閉じているので、やや緊張しているようにもとれます。

*尾*

尾はどうでしょう。

まず、尾は上がっているのか、下がっているのかを見てみましょう。

尾が下がっている・・・不安恐怖弱気

尾が上がっている・・・興奮警戒集中

などが考えられます。

尾を振っているから喜んでいる」という風に思われがちですが、「どのように」振っているのかが重要になってきます。

左右に勢いよく振っていれば、興奮していたり嬉しい感情かもしれませんが、小刻みに降っていたり、しっぽを下げたまま振っていたら、警戒や不安の表れかもしれません。

白い犬解説

白い犬さん解説その4

この白い犬は、振っているかどうかは分かりづらいですが、尾は上がっているので、恐怖を感じている状態ではなさそうです。

ただ、柴犬ポメラニアンのように、通常が巻き尾の犬たちは多少の事では、尾が下がりづらいので、パっと見ではサインに気づきづらいことがあります。

この白い犬は、これまでお話してきた他のパーツからも読み取れるようにどちらかというと積極的に相手の犬に関わろうとしている様子が見受けられるので相手の犬に関心をもって集中しているので、尾が上がっているのでは、ということが読み取れます。

静止画なので、読み取れる情報が多くはありませんがこの4か所を見るだけでも、少し犬の気持ちが分かった気がしませんか?

長くなってしまったので今回はここまで。

次回は写真のもう1頭の犬のボディランゲージについてお話します!

 “本当の”犬の社会化とは

こんにちは

 

毎朝携帯電話のアラームが鳴ってもなかなか起きれないのですが、愛犬の『あたち』「おはよー!!」と顔をピシパシ叩いて起こしにきてくれると、いちゃこらタイムに突入しすぐに目覚められる児玉です(*^^*)

 

普段はそっけないのですが、朝の甘えん坊なところもカワイイなぁ…とほのぼのした時間を過ごしますが、時々爪があたってしまい、ひっかき傷を作って出社します(笑)

 

さて、前回は『社会化の意味』をテーマにお伝えしましたが、今回はさらに深いところまで読み解いていきましょう!

 

『社会化』という言葉は10年前に比べるとだいぶ浸透してきているかと思いますが、“慣れさせる”というところだけが独り歩きし、「たくさんの人と犬などに会わせないと!!」と子犬に様々な経験をさせている飼い主さんがいらっしゃいます。

 

犬に慣れさせる

犬に慣れさせる

 

その心意気はとってもGOOD!!素晴らしいです(*^^*)

 

でも会わせることに重点を置いてしまうと犬が嫌がっているサインを見逃して会わせ続けてしまい、逆に犬嫌いにしてしまう可能性もあります。

 

ビーグルとスコティッシュ

犬に会わせるだけでなく…!

 

ただ会わせるだけでなく、「人や犬は怖い生き物ではないんだな」「知らない場所でも怖いことは起こらないんだな」と犬に教えてあげることが大事なのです!

 

犬の社会化の第一歩は嫌な印象を与えないように様々な経験をさせてあげることです!

 

では、「これを繰り返せば人や犬が大好きな犬になってくれて社会化がバッチリだね!!」

 

…本当にそうでしょうか?

 

実は、『社会化が出来ている=人や犬が大好き!!』ではないんです!!

 

人や犬がどんなに大好きでも『社会化不足だね』と言われてしまうことがあります。

 

社会化の意味をもう一度読み解いてみましょう。

 

社会化とは、犬が今後の人生ならぬ犬生で経験するであろう様々な刺激に慣れ親しませることと前回お伝えしました。

 

大事なのは、“様々な刺激に慣れ親しませる”“親しませる”という部分です。

 

慣れさせるだけであれば、慣れてくれれば大好きでもOKなのですが、親しませるという言葉が入ることで、大好き!!ではなく、身近なものとして感じる状態にするという意味が含まれてきます。

 

お散歩中に犬を見かけて「ワンちゃんだ!!遊びたい!!」と過剰に反応するのではなく、「ワンちゃんが散歩しているな…いつものことだけど…」と普通でいられることが重要なのです!

 

フレンチブルドッグさん

フレンチブルドッグさん

 

犬と出会うことも、知らない人の来客も、初めての場所にでかけることもすべてが過度の緊張や興奮をすることなく『いつものこと』と考えられるようになってもらうことが社会化の最終目標となります。

 

だからこそ犬と会ったときなどに必ずしも遊ぶのではなく、軽くご挨拶をするだけや通り過ぎるだけにしてあげることも必要です。

 

人に対しても同じようにかわいがってくれる人もいれば、そのまま通り過ぎる人もいることを経験させてあげることも実は大切なのです。

 

ぜひ、『社会化』の正しい意味を理解して、「ただの好き!!」ではなく「親しみをもつ」というところを目指して社会化トレーニングに取り組んであげてくださいね!

 

 

 

 お利口な犬になるために

こんにちは!
スタッフのだれよりも愛犬LOVEの自信があるプレイボゥの児玉です(*^^*)

 

先日、愛犬の“ぼく”があくびをしているのをみて「あくびをしている姿もカワイイ♪」と悶絶しているのをみて、スタッフに「一日に何回カワイイって言っているんですか?」と若干惹かれ気味に聞かれてしまいました。

 

自分ではいたって普通の飼い主のつもりだったのですが、どうやら児玉愛犬愛は周りが引くほど異常なようです((+_+))

 

とはいえ、治すつもりもありませんが(笑)

 

さて、前回のブログでは『お利口な犬』ってどんな犬?というテーマでお話しました。

 

お利口な犬=オスワリやフセが出来る犬

 

お利口な犬=トイレが上手にできる犬

 

お利口な犬=吠えない犬

 

などいろんなイメージがありますよね。

 

写真4

お利口な犬って?

 

私はさらにお利口な犬=だれからも好かれる犬というイメージがあります。

 

どれも間違っていないのですが、では愛犬がお利口な犬になるためには何を教えればいいのでしょうか?

 

オスワリやフセがどんなに普段は上手にできても、知らない人が近くにいると怖くて、それどころではなくなってしまっては困りますよね?

 

しっかりトイレトレーニングをして家ではトイレが上手にできる子でも、知らない場所だと不安でトイレが出来ないようだと困りますよね?

 

インターホンなどがなったときに吠える行動はしなくても、ずっと興奮して部屋の中をあっちこっち走り回っていては困りますよね?

 

もちろん

オスワリフセなどのトレーニング、トイレトレーニング吠えなどに対してのしつけ

これらのことも教えてあげなければならない大事なことです。

 

でもそれと同じくらい『社会化』と呼ばれるトレーニングが必要となるのです。

 

社会化とは、犬が今後の人生ならぬ犬生で経験するであろう様々な刺激に慣れ親しませることを言います。

 

犬生で経験するであろう様々な刺激とは、

 

様々な人(男性女性、子供大人、いろんな服装、動きなど)

様々な犬(体のサイズ、オスメス、年齢、犬種など)

様々な物(首輪、胴輪、リード、車、自転車、ごみ袋、三角コーンなど)

様々な音(インターホン、電話、犬の声、テレビから聞こえる声、工事の音など)

様々な場所(家、公園、駅、海、山、ショッピングモールなど)

 

これら(書ききれないほどたくさんありますが…)のことを指しています。

 

私も愛犬に様々な人と会わせてきたつもりでしたが、サッカーのマスコットであるフロンターレくんに会ったときは、「さすがに着ぐるみには慣れさせていなかったな…」と思ったことがあります。

 

フロンターレくん

フロンターレくん

 

犬生なにがあるかわかりませんので、様々なことに慣れ親しみをもたせてあげなければイケナイということなのです!

 

では様々な経験をたくさんさせてあげればいい!ということなのでしょうか?

 

実はそんな簡単なことでもないのです…

 

続きは次回!