タグ: 怖がり

 犬の臨界距離

こんにちは!プレイボゥのトレーニングマネージャーの赤堀です。

 

前回は、「犬たちには臨界距離があり、それを超えてしまうと攻撃行動に出てしまう」ということをお話しました。

 

今回は、この「臨界距離」についてお話します。

 

「臨界距離」は、またの名を「社会的距離」と言います。

 

これは簡単に言うと、「これ以上近づかないで!」という境界線のことを言います。

 

臨界距離を超えるとどうなるかというと・・・

 

「怖い!!!」と、犬は逃げ出したり、

 

もしくは

 

「あっち行け!!」と相手を追い払おうと攻撃に出るのです。

 

犬同士の喧嘩

犬同士のケンカの理由にもなる!

 

これを「闘争・逃避反応」または「戦うか逃げるか反応」などと呼びます。

 

動物は危険を感じると、自分の身を守るためにこのような行動に出るわけですね。

 

例えば、あなたが兄弟仲の良い友達など親しい人にちょっかいを出されて「嫌だ!」「やめて!」と言っているにも関わらず一向に相手が止めてくれなかったら、「やめてっていってるでしょ!!」と思いっきり怒りたくなりませんか??

 

犬たちにも全く同じことが言えるわけです。

 

「ちょっと嫌だな」と思ったときに回避をしたにもかかわらず追いかけられて、追い詰められ更に逃げているにも関わらず、逃げきれなくなってしまったら??

 

逃げるのをやめて攻撃に出るのも納得ですよね。

 

また、最初から逃げることができない犬もいます。

 

「怖い」と思ったら固まってしまい、思考停止してしまうのですね。

 

なので逃げることもできず、「嫌だ」と相手にも言えず、突然攻撃行動に出てしまう子もいるわけです。

 

そしてこれらの行動は、最初のうちは「逃げる」ということができていた犬も“逃げても嫌悪刺激から逃れられない”と学習したら逃げるのをやめて、最初から攻撃に出るようになります。

 

その為、犬の逃げ場をなくすような経験はさせてはいけない、というわけなのです。

 

正直申し上げまして、このような経験を通して攻撃を学んでしまった犬たちはごまんといます。

そして、大変申し上げにくいことではありますが、

自分の犬のことを理解しきれていない飼い主さんも同じくごまんといるのです。

 

私はドッグトレーナーは【犬の代弁者】であり、【飼い主さんの理解者】でありたいと思っています。

 

飼い主さんの対応で改善できることもたくさんあるので、世の中では「犬がこうなったのは飼い主が悪い」という風にも表現されますが、全て飼い主の責任とは言い切れません。

 

そして、このように言われた飼い主の中には大きなショックを受けて、犬との生活に自信をなくす方もいらっしゃいます。

 

このように言われて傷つかない飼い主さんはいないと思います。

 

確かに飼い主さんにも責任はありますが、そのように言われて自信を無くした飼い主さんが、生涯愛犬と良い関係を築いていくことができるのでしょうか?

 

飼い主さんの自信をへし折るために、トレーナーがいるわけではありません。

 

飼い主さんに「問題や原因を認識してもらう」ことは絶対必要なことです。

ですが、それは「飼い主さんを凹ましたり、飼い主さんにショックを与えること」ではありません。

 

私は指摘するべきところは指摘して、飼い主さんに課題を認識してもらい改善に向かっていけるようにサポートをするのが、トレーナーの仕事でもあると考えています。

 

そして飼い主さんに自信をつけてあげて、飼い主さんを愛犬の専属トレーナーにしてあげたいのです。

 

ドッグトレーナーよりも、何倍も長い時間一緒にその愛犬と過ごしているのは他ならぬ飼い主さんだからです。

 

犬リラックス

リラックス~

 

もしあなたが愛犬との関係性を深めたいなら、まずは犬の感情をしっかりと理解することから始めましょう。

 

 

初めからすべてわかってあげられるものではないかもしれませんが、「理解しようとする努力」なくして、愛犬との優良な関係は築けません。

 

 

この犬のしつけブログを通して、少しでも愛犬との関係づくりのヒントになれば幸いです。

 

次回もお楽しみに!

ご覧いただきありがとうございました。

 

 〇〇が苦手な犬

こんにちは!プレイボゥのトレーニングマネージャーの赤堀です。

 

前回は「犬のボディランゲージ」についてのお話をしました。

知的な犬

知的に見えるかな?

 

大抵の問題は飼い主が犬の“ちょっと嫌だな”のサインに、気づけない事で起こるのですが、どうやってその犬の“ちょっと嫌だな”を感じ取ってあげるのかを今回お話したいと思います。

 

まず・・・

 

犬が咬む、吠えるのには必ず理由があります。

 

「かまってほしいから」

 

「楽しいから」

 

「興奮しているから」

 

「怖いから」

 

「嫌だから」

 

「不安だから」

 

まず、目の前で犬が吠えたり、咬んだりしてきてしまうのであれば、なぜそのような行動に犬が出ているのか、理由を考えてあげましょう。

 

喜んでいるように見えて、実は嫌がっているのかも

 

さてとっても単純なことですが、犬は
避けたいものからは距離を置き
興味・関心があるものには近づきます

 

例えば、あなたが愛犬を抱っこしようと手を伸ばした時・・・

 

愛犬に洋服を着せようと抱っこしようとした時・・・

 

おうちの犬があなたの手から逃げるような素振りはありませんか?

犬の最初のシグナルは、ほんの一瞬のことなので、なかなか気づくことができないのです。

 

「抱っこしようと手を伸ばしたら、捕まらなかったのでもう一度抱っこしようとしたら咬まれた・・・」

 

ということも少なくありません。

 

 

咬む犬

大切なことは咬ませないこと!

 

この時飼い主さんは、「なんで?!今までそんなことなかったのに・・・」と不思議に思ってしまうのですが、犬からしたら最初に逃げた段階で「嫌だ―!」と言っているわけですね。

(実際はそれよりも手前から犬には細かいシグナルが出ています。)

犬が嫌がることは無理矢理はやらない」というのが、プレイボゥ的な考え方です。

 

 

では、「犬の嫌がることはすべてやらない」というのが正しいのでしょうか?

 

答えは「NO」です。

 

犬が嫌がるものをすべて回避して、すべて「いいよ、いいよ、嫌なんだよねー」としてしまうと、犬は何も克服できなくなり苦手だらけの世界の中で生きていかなくてはいけなくなる上に、嫌いなものや怖いものに遭遇した時に攻撃的な様子を見せる子であれば「嫌な時は咬めば良いんだ!」と、間違った対応を学んでしまうことになります。

 

トリミングも動物病院も「嫌なら良いよ」とは出来ないですよね。

 

私は「経験させる必要がないものは経験させなくてもOK」「でも、今後経験しなくてはいけないものは克服させる機会を作ってあげるべき」だと考えます。

 

「経験させる必要がないもの」というのは、例えば洋服を着せることや、ドッグランドッグカフェドッグイベントに行くことなど。

もちろん、お洋服やドッグランなどに行くことが必要な子もいるかもしれませんが、洋服を着せなくても過ごせるのであれば、「着せない」という選択をした方が人も犬もストレスが少ないこともあるかもしれません。

 

ドッグランも、すべての犬が好きなわけではありません。

 

ドッグランやドッグカフェは元々犬と人が楽しめるためのものなのに飼い主だけ楽しそうで、犬がストレスを感じているシーンもよく目にします。(もちろんすべてのドッグランが悪いわけではありません)

 

せっかく一緒に出掛けるのであれば、お互いが楽しめるようにしたいですよね!

 

もしこれらの物を「今後経験させなくて良いか」と飼い主が割り切れるのであれば、他の犬があまりいない場所に出かけて、飼い主と愛犬だけで楽しむ、という選択もできるわけです。

愛犬には「飼い主が一番!」と思ってもらえる方がもちろん良いので、他の犬との関わりがない生活でも、不幸なわけではないんですよ。

 

でも、「カフェに行ったり、たまには洋服を着せたい!」と思う方も中にはいらっしゃると思います。

 

オシャレ犬

オシャレさん?!

 

もし、本気で「克服させてあげたい!」と思われるのであれば「犬に無理をさせず、徐々に慣らしていく」という方法をとってあげてください。

 

もしかしたら、何年もかかるかもしれません。
もしかしたら、当初の理想とは違う形になるかもしれません。

(例えば、ドッグランに行っても、飼い主から離れられず走り回ってくれない、など・・・)

それでも、それはあなたの犬の「個性」なので、広い心で認めてあげてほしいのです。

 

「克服させてあげて、と言うけどじゃあどうやってやるの??」

 

と思ったあなた。

 

次回は、犬が苦手なものに遭遇した時に、どのように対応してあげると良いのか、をお話しますね!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 ドッグランに行ったメイちゃんは

こんにちは。
プレイボゥの太田です!

 

早速余談となりますが、私はプレイボゥ創立者である故森山敏彦先生に憧れて、犬業界への門を開きました。

 

その故森山先生に憧れると同時に、実は故森山先生愛犬ボイシーくんにも心打たれていたんです。。(笑)

 

そのボイシーくんをご紹介させてください。

 

おれ、ボイシー。

おれ、ボイシー。

 

この写真は10歳を超えているのでお顔は白くなってきていますが、イケメン度合、皆さまに伝わりますでしょうか(≧▽≦)?

 

さて、そんな前置きもほどほどに…!

 

前回のブログでは、実家の愛犬メイの社会化のために!と一緒にドッグランへ行ったところまで書かせていただきました。

 

本日はその続きです。

 

メイは行った先のドッグランでは、見知らぬ犬に追いかけられ、その時以来お散歩で犬を見ると震えるようになってしまいました。

 

後から考えてみれば、もっと慎重に他の犬と会わすべきだったのです。

 

ドッグランという場所が悪いということではなく、犬とほとんど会わせた経験がない犬には少しずつ他の犬に慣らす必要があったのです。

 

当時私が通っていた犬の学校では、外部講師として故森山敏彦先生プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー創設者でもある故森山名誉校長)が来られていて、先生のもとでトレーニングを学び、先生が経営している犬の保育園(現在の犬の保育園PLAYBOW)も定期的に研修に入ることが出来ました。

 

色々な犬についての勉強を学ぶうちに、自分がドッグランでしてきたこと全て、メイに申し訳なく、後悔の気持ちでいっぱいでした。

 

それ以降、メイに何が出来るのか、これから十数年生きる中でどう楽しく生活が出来るのか必死に勉強しました。

 

そんなとき犬のトレーニングの勉強の中で、森山先生から「クリッカートレーニング」を教わりました。

 

クリッカーとはカチッと金属音が鳴るトレーニング道具で、犬を褒めるときに使うものです。詳しくはまたの機会にご説明しますね!

 

メイはオヤツが大好きなので、クリッカーを使って基本のトレーニング(オスワリ、フセ、マテ、オイデなど)から、トリック(芸)、ドッグダンス、アジリティ等、色々勉強してきました。

 

そんな中でも得意中の得意は「アイコンタクト」!

 

名前を呼ばれたら人の目を見るというコマンドですが、「見て♪」指示をするとよそ見をせずに1分ほど集中出来るまでに。

 

そこで犬がやって来たら「見て♪」の指示で、私の目をみたらクリッカーで褒め、オヤツを毎回あげていきました。

 

と同時に、体の震えも少しずつ落ち着いてきたのです。

 

そしてある日、メイと一緒に歩いていると同じ前方を向いていたメイが私の目をジッと見つめてきました。
すぐに、周囲を見渡すと数十メートル先に犬がいました。

 

犬がいるこの状況で自発的にアイコンタクトをしてきたことはなかったので、最初は偶然?と思いました。

 

でもまた次の犬の時も自発的にアイコンタクトをしてきたのです。

 

しかも嬉しそうに

 

この時メイは、他犬に対して怖い気持ちはあるものの、私がして欲しい行動を学習し自発的にアイコンタクトをするという行動に出たのです。

 

そして目を輝かせて私を見る表情は明らかに自信に繋がったのだと確信しました。

 

 

 

その後も、いつどの状況でも犬が現れると自発的に私にアイコンタクトをする行動の頻度が高くなってきました。

 

犬のトレーニングの勉強をして数か月かかりましたが、毎日の積み重ねが結果に繋がり、とても嬉しかったのを今も覚えています。

そして習慣になってきたところで、オヤツを少しずつ減らし、徐々に褒めるだけの時もあったり、オヤツをあげる時もあったりとランダムにしていき、最後にはポケットに2~3個オヤツを忍ばせ、余らすこともあるくらいになったのです。

 

またまた続く。

 アイコンタクトで苦手を克服!

こんにちは。
プレイボゥの太田と申します!

今日は私太田からお届けいたします。

もうすぐ梅雨明けを信じて過ごしている太田ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

梅雨が明け暑くなってくれば、犬も人も熱中症に気を付けつつ、過ごしていきたいですねU^エ^U

さて、皆さまは愛犬と日々生活する中で「●●しなければよかった」と後悔したことはありますか?

犬と生活をしたことがある飼い主さまなら、1つや2つくらいあるのではないでしょうか?

いやそれ以上!と言う人も少なくないのではと思うのですが…..

たとえば

「テーブルの上のオヤツを食べられないように片付ければ良かった」

とか

「ゴミ箱をあさられないように片付ければ良かった」等など..

きっと思い当たる方もいらっしゃるかと(-.-)

そんなちょっとした日々の後悔のエピソードならまだ良かったのですが、
実は私、1つ忘れる事の出来ない後悔をしてしまったことがあります…..

それは今から15年前のこと、犬のしつけやトレーニングについて勉強を始めた時。

その頃、実家は8か月のポメラニアン(名前はメイ)がいました。

メイ

メイちゃんですU^エ^U

我が家は代々同じ犬種を飼っていまして、メイは5頭目に迎えた犬でした。

結婚を機に私は実家から離れていたので、実家の両親はメイトイレの失敗咬む行動にとても困っていました。

今までの犬は、自己流のしつけ方法でしたが、これまでトイレの失敗に困る事なく、愛犬との関係性も上手くいっていたと思います。

しかし5頭目のメイを迎えてから、同じ犬種でも性格も違いますし、やはり「犬のしつけ」は難しいものだと痛感したことを覚えています。

そしてその頃、今まで勤めていた会社を退職し、学生の頃から憧れていたドッグトレーナーの勉強をし始めた私は、自分の勉強のためにじゃじゃ馬娘のメイを実家から預かることにしました。

と、同時に犬のしつけ社会化の大切さをを学んだ時期でもあり、子犬のメイに「早く他の犬に慣らしてあげたい」という思いが先走り、友人から「○○のドッグラン楽しいよ」とお誘いを受け早速ドッグランへ…….

メイはドッグランに着くと最初はドッグランの中を駆け回り、他の犬ともご挨拶をし、とても楽しそうでした。

しかし「やっぱり来てよかった~」と思っていた矢先、中型犬ほどの大きさの犬が、突然元気に走り回っているメイの後ろを追いかけてきたのです!!!

その様子を見た私は、最初は遊んでいると思って様子を見ていたのですが、メイが必死で逃げていることに気づき、すぐに抱っこしました。

が……..、
その時のメイは体が震え、心身ともに元気がなくなってしまいました….。

次回に続く。

 ボディランゲージを読み取ろう その2

こんにちは!プレイボゥのトレーニングマネージャーの赤堀です。

前回は写真を見ながら、ボディランゲージの読み取り方をお伝えしました。

今回はその続きです。

 

白い犬とパグ

白い犬さんとパグさん

上の写真を見て、みなさんはそれぞれの犬がどんな気持ちだと思いますか?
と、いうことで、前回は白い犬のボディランゲージについて説明しました。

今回はもう1頭の右側の犬のボディランゲージについて説明したいと思います。

パグさん解説

パグさん解説

上の写真の2頭のうち、白い犬は

 

・口はつむんでいて、耳が前方を向いている

・尾は上がっている

・前肢が浮いていて、激しく引っ張っている

・もう1頭の犬に積極的に向かっていっている

 

こんな仕草が見受けられました。

 

右側の犬はどうでしょう。

 

短頭種は他の犬種に比べると、ボディランゲージもわかりづらいので観察はなかなか難しくなります。

*目線*

まずは、この犬の目線に注目してみましょう。

白い犬と目が合わないようにしているのが分かります。(ちょっとわかりづらいですが・・・)

犬たちは相手の挑戦を受ける時に視線を合わせる行動に出ますが、この写真の右側の犬は白い犬を見ないようにしています。

これは、相手の態度を不快に感じトラブルを避けようとしている証拠です。

このように視線を相手から反らしたり、顔をそむける様子があった場合は「これ以上こっちに来ないでくださいいぃ」という気持ちの表れです。

とーーっても些細な仕草ではありますが、犬たちが良く見せる仕草のひとつです。

*姿勢*

続いて姿勢を見てみましょう。

白い犬が上から迫ってきているのに対し、それを避けるように身を低くしているのが分かります。

なんすか、 なんすか。ちょっとやめてくださいー

と言わんばかりに身をかがめていますね。

これら2つのポイントから見ても、右側の犬は白い犬に比べて消極的で、関わりを避けようとしているのがわかりますね。

これらの仕草を犬が見せた時、犬たちだけで解決できることもありますが、この「ボディランゲージ」を理解できない犬もいます。

その時は、飼い主さんが相手の犬と距離をとったり、自分の犬の制止をしたり、正しい対応をする必要がありますので飼い主さんも犬のボディランゲージをちゃんと読み取れないといけないわけです。

本来、犬は「ボディランゲージ」をお互いに使ってコミュニケーションをとる動物ですが、子犬の時期に不適切な飼育環境に置かれたり正しい社会経験を積めなかった犬たちの中にはそのコミュニケーションツールを使いこなせない犬がいます。

正しいコミュニケーションの方法を知らないで育った犬たちは自分の気持ちを相手に伝えることも相手の気持ちを読み取ることもできず人や、犬に対して攻撃をすることでしか自分の気持ちを表現できなくなってしまうのです。

そして、現代ではそのような犬たちはたくさんいるのです。

なぜそのような犬たちが増えてきてしまっているのか・・・

それはまた別の機会にお話しますね!

こちらは、犬のボディランゲージイラスト化したものです。

よかったら見てみてくださいね♪

https://ja.sunshinesmile.org/animal-resources/doggie-body-languages-by-lili-chin/

ここに載っているもの以外にもボディランゲージの種類はたくさんあります。

また、すべての犬が同じボディーランゲージを使うわけではないので、まずはご自身の犬のボディランゲージの観察をしてみるところからはじめてみましょう