アイコンタクトで苦手を克服!

こんにちは。
プレイボゥの太田と申します!

今日は私太田からお届けいたします。

もうすぐ梅雨明けを信じて過ごしている太田ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

梅雨が明け暑くなってくれば、犬も人も熱中症に気を付けつつ、過ごしていきたいですねU^エ^U

さて、皆さまは愛犬と日々生活する中で「●●しなければよかった」と後悔したことはありますか?

犬と生活をしたことがある飼い主さまなら、1つや2つくらいあるのではないでしょうか?

いやそれ以上!と言う人も少なくないのではと思うのですが…..

たとえば

「テーブルの上のオヤツを食べられないように片付ければ良かった」

とか

「ゴミ箱をあさられないように片付ければ良かった」等など..

きっと思い当たる方もいらっしゃるかと(-.-)

そんなちょっとした日々の後悔のエピソードならまだ良かったのですが、
実は私、1つ忘れる事の出来ない後悔をしてしまったことがあります…..

それは今から15年前のこと、犬のしつけやトレーニングについて勉強を始めた時。

その頃、実家は8か月のポメラニアン(名前はメイ)がいました。

メイ

メイちゃんですU^エ^U

我が家は代々同じ犬種を飼っていまして、メイは5頭目に迎えた犬でした。

結婚を機に私は実家から離れていたので、実家の両親はメイトイレの失敗咬む行動にとても困っていました。

今までの犬は、自己流のしつけ方法でしたが、これまでトイレの失敗に困る事なく、愛犬との関係性も上手くいっていたと思います。

しかし5頭目のメイを迎えてから、同じ犬種でも性格も違いますし、やはり「犬のしつけ」は難しいものだと痛感したことを覚えています。

そしてその頃、今まで勤めていた会社を退職し、学生の頃から憧れていたドッグトレーナーの勉強をし始めた私は、自分の勉強のためにじゃじゃ馬娘のメイを実家から預かることにしました。

と、同時に犬のしつけ社会化の大切さをを学んだ時期でもあり、子犬のメイに「早く他の犬に慣らしてあげたい」という思いが先走り、友人から「○○のドッグラン楽しいよ」とお誘いを受け早速ドッグランへ…….

メイはドッグランに着くと最初はドッグランの中を駆け回り、他の犬ともご挨拶をし、とても楽しそうでした。

しかし「やっぱり来てよかった~」と思っていた矢先、中型犬ほどの大きさの犬が、突然元気に走り回っているメイの後ろを追いかけてきたのです!!!

その様子を見た私は、最初は遊んでいると思って様子を見ていたのですが、メイが必死で逃げていることに気づき、すぐに抱っこしました。

が……..、
その時のメイは体が震え、心身ともに元気がなくなってしまいました….。

次回に続く。