犬の噛み癖とは

子犬が咬みつくのは正常な行動です。子犬同士の咬みつき遊びによって子犬は咬む力の抑制を学習していきます。相手を強く咬んでしまうと怒られたり、相手にしてもらえなくなってしまい、他の犬に遊んでもらえなくなってしまいます。
犬は社会性を持った動物ですから相手にされなくなることは何よりも辛いことですので咬む力を加減して遊ぶことをすぐに学習します。

自宅に子犬が着たら子犬同士で遊ぶ機会は非常に限られてきますのでパピーナーサリーは咬む力の抑制を学習する場所としてもとても理想的な場所となります。
子犬同士で遊んだ経験が無い犬は、将来成犬になった時に咬む力の抑制を知らずに育つことになりますので犬同士の喧嘩が起きたときは相手に致命的な怪我を負わせてしまう可能性があります。

人に対しての甘咬みは遅くても生後5ヶ月までに止めさましょう。

犬のしつけ・噛み癖を直す手順

①甘咬みの止めさせ方は、まず少しでも手に歯が当たった時、偶然にでも手に歯が当たった時に子犬が
びっくりするほどの大声で『痛い』と叫んでその部屋を2分ほど去ってください。子犬はびっくりすることと
一人ぼっちになってしまう事で咬む力を抑制し、最終的には人には歯を当てなくなります。
洋服のすそやズボンのすそを咬んでくる場合も同じように『痛い』と叫んでその部屋を立ち去ります。


②これを、歯が当たるたびに繰り返して下さい。何度か繰り返されると犬も歯を当てると嫌な事があると
学習していきます。(ただし、『痛い』と叫んだ時に子犬がびっくりしていないようだと効き目は薄いかもしれ
ません。そのような時はびっくりするような音を探してみてください。)


※上記の方法は、子犬を想定しての噛み癖の対処方法です。
成犬で噛み癖のある場合や攻撃性が著しい場合などは直接ご相談下さい。


犬の保育園PLAYBOWお問合せ

関連リンク
ドッグトレーニング
犬をしつける時期とは
犬のトイレのしつけとは
犬の保育園(パピーナーサリー)とは


犬の保育園PLAYBOW無料資料請求