愛犬をしつける時期とは

 愛犬をしつける時期とは

そもそも、犬のしつけとは何なのか?とお考えの方も少なくないと思います。私は犬のしつけとは犬が現代社会において人と暮らしていくためのルールを学ぶ事だと思っています。

そのルールには個人個人いろいろなお考えがあることでしょうが、ご近所からクレームがくるほど無駄吠えをしてしまったり、人や犬に攻撃を仕掛けてしまうという事は現代社会においては適していない行動なのではないでしょうか。

では、そのような行動をしないようにしつけるのに適した時期はいつからなのでしょう?
実はそのような行動が出始めてからしつけるのでは遅いのです。そのような問題行動が出てくる原因はもっと根底の部分にあります。

犬には社会化期という限られた期間があり、この時期とは犬がいろいろなものに馴れやすい時期になります。そして、この期間は生後約3カ月までといわれており、この期間を過ぎてしまうといろいろなものに馴れづらくなってしまいます。
なので、この社会化期という期間の中で経験しなかった事や、経験の少ない事に対して恐怖心から吠えたり攻撃したりといった問題行動が起こりやすくなり治すことが難しくなってくるのです。そのような事のないように子犬を迎え入れた瞬間からこれから経験するであろう様々なものに馴れさせる社会化トレーニングを始め、それがしっかり定着するよう1歳になるまでは継続して行うことが大切です。

社会化トレーニングは、お座りや伏せなどのしつけ以前の
やり直しのきかない必要不可欠なトレーニングです。

人に会わせましょう

子犬が家に着たらすぐに、男性、女性、小学生ぐらいのお子さん、幼稚園ぐらいのお子さん、乳児、杖を突いたご老人、制服の人、ひげを生やした人、めがねを掛けた人などなど、色々なタイプの人からおやつをもらったり遊んでもらったりといった経験をさせて、人間っていい動物なんだな!と思わせることです。できるだけ今後子犬が出会う可能性のあるタイプの人、全てに慣らす必要があります。

人慣れの社会化

犬に会わせましょう

その次に大切なことは子犬が一緒に遊べるタイプの数多くの子犬や成犬と短時間、無理の無い程度に遊ばせてください。この場合絶対に無理は禁物です。激しい遊びをする犬や攻撃的な犬、支配的な犬は避けてください。犬との遊びの中で嫌な思いをすると一生犬嫌いになってしまう可能性もあります。

犬慣れの社会化

いろいろな場所に連れて行ったり、いろいろな音を聞かせましょう

その他には子犬を無理の無い程度に人混みやドッグカフェなど色々な場所に連れて行き車の騒音や奇妙な音にもなれるようにすれば将来、不審な音に対して吠えることが少なくなっていきます。

環境慣れの社会化

ワクチンの摂取が終わっていない子犬は、車に乗せて外出したり抱っこして外に連れ出し、色々なタイプの人からおやつをもらう経験をさせたり、車の中から他の犬を見せたりしてください。
このような努力をする事で子犬はフレンドリーな性格になり、どこにでも連れて行ってもらえるかわいい成犬に成長します。


犬の保育園PLAYBOWお問合せ

関連リンク
ドッグトレーニング
犬の噛み癖とは
犬のトイレのしつけとは
犬の保育園(パピーナーサリー)とは


犬の保育園PLAYBOW無料資料請求